素行調査とはどんな調査なのか、真実は解るのか

素行調査とは興信所や探偵事務所が行う調査の一つです。配偶者の行動を疑う浮気調査も素行調査の一つと言えるでしょう。

それでは素行調査とは具体的にどのような調査なのでしょうか。

目的によって、いろいろな方法が考えられます。まずは尾行です。尾行とは調査体操とする人の後ろからつけて行くことです。どのような場所に立ち寄って、どのような人と会っているのかを調べます。人の行動を調べる場合に、どのような場所に出入りしているか、どのような人と話をしているかを調べると、ある程度のことがわかってきます。人には言えないような行動なのか、何も悪いことをしていないかは簡単に判断できるからです。

尾行によってある程度の交友関係がわかってきます。交友関係は相手の人に話を聞くことでその人の話している内容がわかってきます。日頃からの考え方や思想、過去の経歴など多くのことが変わってくるのです。もちろん、それがすべて本人の意思ではない可能性もあります。その場合は、別に事件に巻き込まれていることもあるでしょう。聞き込みは住んでいる場所や仕事をしている場所を中心として行うことが一般的です。本人に会って話したことがある人に聞き込みをするからです。

また、ある程度の行動バターンが見えて来たら、逆に立ち寄りそうな場所に張り込みをすることもあります。尾行で本人の後からずっとつけていくのは調査する方も人手をかけなければなりません。張り込みをすることで、時間を効率的に使うことができます。張り込む目的は待ち伏せしている場所に現れるかどうかをチェックするためです。現れると言うことだけで行動パターンが見えてくるのです。

そもそも、興信所に素行調査を依頼すると言うことは何らかの意図があるからです。子供の結婚の相手が怪しい行動を取っていないかをチェックするのです。素行調査で具体的にどのような方法を使うかは探偵事務所が考えてくれます。依頼者が考えなくてもいいでしょう。注意しなければならないのは聞き込みなど調査していることが周辺の人にわかってしまうことです。これが調査対象としている本人の知るところとなってしまわないような注意深さが必要なのです。もちろん、興信所はプロの集団ですから、それは基本的なことと考えているでしょう。しかし、どこに本人の知り合いがいるかわかりません。どこかで漏れてしまうこともよくあるのです。ただ、知られたとしてもそれが大きな問題になることはほとんどありません。

探偵の人探しメニューで母探し

私の両親は私が1歳になる前に離婚し、私は父親に引き取られ育てられました。その為、母親との思い出がないどころか、顔さえも覚えていません。記憶に1つもないのです。しかし、父親には気を使って言えずにもう25歳を迎え、私自身も結婚し子どもを授かりました。こういった立場になってみると、私のたった1人の母親は今どこで何をしているのだろうかと考えるようになりました。しかし、どのように探したらいいのかもわかりません。母の地元であろう、私の出生地から今住んでいる場所は700km以上離れた場所にあり、すぐに行ったりできる距離でもありません。人探しの為、知人や父親の周りに聞いたらしてもいいのかもしれませんが、あまりたくさんの人に知られながら探したくはありません。いざ見つかり、母に別の家庭があったら向こうも困るかもしれない。本当は私と会いたくないと思っているかもしれないなど、色々な事を考え、あまり大きな話にはしたくないという想いが私にはあります。

そういった場合はやはり探偵など、プロに任せて見つけてもらうという方法が1番と考え一度相談しました。すると、今どのような状況でどこに住んでいるのかくらいであれば、戸籍を元に調べられるという事でした。お互いの本籍、居住も違うので、役所に郵便で書類を送ったり色々と手はかかりますが、費用はほとんどかかりません。今はその方法で再婚していること、住んでいるところまでは分かりました。しかし、結局会いに行く勇気も無く、まだ何も動けないままです。会いたいのか会いたくないのか自分の気持ちがはっきりするまでもうすこし待ってみようと思います。

探偵を選ぶ5チェックポイント、オススメの探偵とは

浮気調査をお願いするなら、その専門の探偵に依頼するのが料金も安くなるし期間も短い期間で完了するのでおすすめです。

しかしどういった探偵にお願いすればよいかを見比べるのは難しいため、ここでは5つのポイントをお伝えしていきます。

ポイント1
やはり探偵に任せる仕事内容はケースごとに違うので単純な料金設定だったら、対応は不可能なんです。しかもこれとともに、探偵ごとで違うので、もう一段階調べにくくなっております。

ポイント2
どことなく夫のすることや言うことが違和感を伴っているとか、なんだか近頃連日のように残業だと言って、家に戻るのがずいぶんと遅い時間になったとか、夫が浮気しているんじゃないかと疑いがちになる理由は割りとあります。

ポイント3
自分の愛している夫とか妻に他の異性の影が感じられると、当たり前ですが浮気を疑って悩むものです。そうしたときには、誰にも相談せずに考え込まずに、探偵にきちんと浮気調査をやってもらって結果を出すのがおススメです。

ポイント4
違法行為の損害請求については、3年間が時効と民法上定められているわけです。浮気を発見して、躊躇せずに弁護士の先生に相談を申し込むと、時効消滅のトラブルについては大丈夫です。

ポイント5
恋人だった人から不意に慰謝料を払えと迫られたとか、上司からセクハラされた、この他多彩な事案がありますよね。たった一人で悩むのはもうやめて、専門家である弁護士に依頼してください。

夫婦になる前の素行調査の依頼も結構多く、お見合い相手や婚約者が普段どんな生活や言動をしているのかなどに関する調査依頼を引き受けることも、この頃はよく見かけるものになりました。調査料金は1日分が7万から14万円くらいのところが多いみたいです。

原則的な料金の安さという点のみではなく、無駄なものは除いて、最後に料金が何円であるかについても、どこに浮気調査を頼むか決めるときに非常に大切ということを忘れてはいけません。

身元調査という調査方法によってお金と家族を守る

探偵に身元調査をしてもらうには、多くの費用が発生することになります。

気になることをちょっと調べてもらおうと気軽に依頼をすることができるものではありませんが、重大なことを決めるときには安全を買うことができるので調査にかかる費用は決して高いものではありません。

結婚をするといった場合であったり、企業が人を採用するという時には将来にわたって大きな影響を及ぼす決断になります。

結婚相手が信用するにふさわしい人物であれば問題はありませんし、企業も考えていた以上に働いてくれればいうことはありません。

しかし、表面上は良さそうな人であっても裏ではかなりの問題人物だった、企業に対して全く貢献せずに逆にマイナスになってしまうとなると大変なことになってしまいます。

気に入らない相手だからといってすぐに離婚をするというわけには行きませんし、能力が思っていたよりも高くないからと簡単に解雇をする事ができるわけでもありません。

このような重大な決断に失敗をしてしまうと、先々まで大きな悪影響が及んでしまうことになるわけですが、事前に探偵に身元調査をしてもらってその人物がどれだけ信用できる人間なのかということを確認しておけば安全を買うことができるのです。

些細な事であれば気軽に依頼をすることはできませんが、重大な決断を下す時ほど依頼をする価値というのは高いものとなります。

大きな失敗を未然に防ぐことができると考えれば、探偵に身元調査を依頼するというのは安いものだといえます。

気になる料金についてですが探偵の身元調査の料金サイトを確認すれば自分が依頼しようとしている業者が高いのか、安いのかわかりますし、良い探偵か判断できる材料となります。

結婚相手の親も調べるべきだった

理想通りに結婚生活がうまく行くとは思っていませんでしたが、現実と理想があまりに違い、結婚して失敗してしまったと後悔しています。結婚をするならじっくりと時間をかけてお付き合いをすべきだったと反省しています。

結婚を後悔した理由に夫の変化があります。結婚する前までは夫と喧嘩をあまりしたことが無かったのですが、一緒に暮らしていると小さなことで喧嘩になってしまいます。そんなときに夫は絶対に謝ることをしません。いつも謝るのは私ばかりですごく嫌です。喧嘩の後はこの人と結婚するんじゃなかったと後悔します。私が夫と結婚したのは授かり婚でした。子供ができたので結婚するという、今思えば考えが甘かったのかもしれません。子供を作るということにもう少し慎重に、真剣に考えれば良かったと思っています。

そんな中、私が一番結婚生活で苦しいことが姑の存在です。夫は長男で、結婚して義母との同居生活をすることになりました。当初は優しい義母だと思っていたのですが、同居すると気を使わなければいけないのがたいへんで、また義母は小言も多いです。さらに夫はいわゆるマザコンで、何かにつけて母の味方につくのが耐えられません。なので、義母に対しての相談は夫にはできません。今はなるべく争いごとを生まないように、義母の言うことには素直に聞くようにしています。このまま結婚生活が続くことに不安な気持ちはありますが、今は子供がまだ小学生なので、子供が大人になるまでは頑張りたいと思っています。

結婚前に相手の家族について調べる事ができていたら、この結婚は無かったのにと思います。

浮気のショックで立ち直れなくても、冷静に費用がリーズナブルな探偵に依頼を

妻が浮気をしている可能性があったら、やはり最初はショックの一言に尽きますね。その時には、まず妻の携帯や普段の行動をチェックすると思います。急に問いつめたりすることは、おそらくないです。某芸能人のように、現場を直接見てしまったら別でしょうけど。妻がお風呂に入った時や寝ている時が良い機会だとは思います。もちろん嬉しいことではありませんが、怒りや悲しい気持ちを妻に急にぶつけるというよりは、どういう結果であれ、真相を知っておきたい気持ちになる気がします。というより、妻の浮気に対しての感情を、何か行動することで打ち消したいと感じてしまいますね。ただ、私はそういう演技があまりうまくないので、逆に妻に感づかれてしまう可能性があるかもしれません。そうなれば探偵に浮気調査を依頼することになります。

調査の前には相手を油断させるために問いつめる前には、会話を増やしたりして、夜の行為をあえて積極的に誘うかもしれません。夜の誘いは、正直言うと妻が浮気しているかどうかが、一番良くハッキリすることだとされていますので。実際に、友人など数人がそう言っていました。態度に最も出やすい部分であると。実際には、妻としたくないと感じるかもしれませんが、やはり何らかの行為で感情を打ち消したいですので、行動する可能性が高いです。妻に少しでも気持ちがあるのなら、いろいろな感情を抱いて一度は夜のお誘いをしてみようとは考えています。そして、もし妻の浮気の証拠を掴んでしまった場合には、人によっては、妻の仕事の有無、子どもの有無、住宅ローンの有無など様々な要因も複合して、どうするか悩むかもしれません。私の場合は、自分が妻にしてきたことを踏まえて、どう問いつめるか考えると思います。

妻に対して誠実に接してきたとしたら怒りや不信感が勝った感情の問いつめ方になるはずですし、自分にも非があると感じるのなら、間接的な問いつめ方をします。ただ、妻が浮気をとても楽しんでいる、またあきらかに相手に感情が向いている場合には離婚を視野に考えちゃいますね。寂しさや一時的な感情による浮気とは訳が違いますからね。問答無用です。妻への気持ちはもう戻らないでしょうし。けれども、子どもがいたとしたら仮面夫婦を演じる可能性はありますね。子どもはすぐ気づくと思いますけど。私の妻は浮気しないことを祈るばかりです。

さて、最後に探偵の費用についてですが私が調べた所、だいたい10万円で1日調査してくれるそうです。ただ本当に探偵が調査しているのか不明、証拠が上げられなくても費用が取られるといった可能性もあります。そのような信頼出来るかどうかわからない探偵に依頼すべきではありません。費用が気になる事もありますが、それよりも信頼度で依頼先を決めたほうが良いかもと思いますね。