妻が浮気をしている可能性があったら、やはり最初はショックの一言に尽きますね。その時には、まず妻の携帯や普段の行動をチェックすると思います。急に問いつめたりすることは、おそらくないです。某芸能人のように、現場を直接見てしまったら別でしょうけど。妻がお風呂に入った時や寝ている時が良い機会だとは思います。もちろん嬉しいことではありませんが、怒りや悲しい気持ちを妻に急にぶつけるというよりは、どういう結果であれ、真相を知っておきたい気持ちになる気がします。というより、妻の浮気に対しての感情を、何か行動することで打ち消したいと感じてしまいますね。ただ、私はそういう演技があまりうまくないので、逆に妻に感づかれてしまう可能性があるかもしれません。そうなれば探偵に浮気調査を依頼することになります。

調査の前には相手を油断させるために問いつめる前には、会話を増やしたりして、夜の行為をあえて積極的に誘うかもしれません。夜の誘いは、正直言うと妻が浮気しているかどうかが、一番良くハッキリすることだとされていますので。実際に、友人など数人がそう言っていました。態度に最も出やすい部分であると。実際には、妻としたくないと感じるかもしれませんが、やはり何らかの行為で感情を打ち消したいですので、行動する可能性が高いです。妻に少しでも気持ちがあるのなら、いろいろな感情を抱いて一度は夜のお誘いをしてみようとは考えています。そして、もし妻の浮気の証拠を掴んでしまった場合には、人によっては、妻の仕事の有無、子どもの有無、住宅ローンの有無など様々な要因も複合して、どうするか悩むかもしれません。私の場合は、自分が妻にしてきたことを踏まえて、どう問いつめるか考えると思います。

妻に対して誠実に接してきたとしたら怒りや不信感が勝った感情の問いつめ方になるはずですし、自分にも非があると感じるのなら、間接的な問いつめ方をします。ただ、妻が浮気をとても楽しんでいる、またあきらかに相手に感情が向いている場合には離婚を視野に考えちゃいますね。寂しさや一時的な感情による浮気とは訳が違いますからね。問答無用です。妻への気持ちはもう戻らないでしょうし。けれども、子どもがいたとしたら仮面夫婦を演じる可能性はありますね。子どもはすぐ気づくと思いますけど。私の妻は浮気しないことを祈るばかりです。

さて、最後に探偵の費用についてですが私が調べた所、だいたい10万円で1日調査してくれるそうです。ただ本当に探偵が調査しているのか不明、証拠が上げられなくても費用が取られるといった可能性もあります。そのような信頼出来るかどうかわからない探偵に依頼すべきではありません。費用が気になる事もありますが、それよりも信頼度で依頼先を決めたほうが良いかもと思いますね。